Blogスタッフブログ

ケルヒャー出動

2020/03/28

こんにちは。
今日はあいにくのお天気でしたが、建設中の御施主様邸で擁壁の清掃作業を行いました。

こちらの写真は作業前の様子。既存擁壁のため、コケが付着した状態で黒くなっています。

これをナーブ事業部でも大大活躍している、高圧洗浄機『ケルヒャー』で落としていきます。
今回装着する散水ノズルは『バリオスプレーランス』です。こちら掃除のために新調したのですが、なんだかかっこいい響きです。

さて、作業の方ですが、高圧というだけあって、その勢いはとても強力。
油断をして最大圧をかけていると、じわじわとコンクリートの表面も削れていってしまいます。汚れだけが取れる圧力を見極めて、最新の注意を払いながら作業していきます。
この時点ですでにビフォーアフターという感じです。

さて最終結果は……

 

とてもきれいになりました!
近隣の方からも、綺麗になるねとお声がけいただくほどの出来栄え。

雨も降りだしそうな曇り空で、分かりづらくなってしまいましたが、お天気の日には見違える姿になっていると思います。

住まいの安心┃住宅瑕疵担保責任保険

2020/03/17

入学シーズンもせまるこの頃。

進学する近所のお兄さんやお姉さんを通して、「来年はうちの子も……」とお子さんの成長をしみじみと実感している方も、多いのではないでしょうか?

学校の事を考えて、そろそろ建築計画を立てないと!と思いつつも、家を建てた後で住宅に不備があったら?と未来への不安が湧いて動けない、そんなお悩みもあるかもしれませんね。

 

さて、今回は住宅検討時によくあるそんな心配を安心に変える

『住宅瑕疵(かし)担保責任保険』 について簡単にご説明できればと思います。

 


 

『住宅瑕疵(かし)担保責任保険』は国が指定する保険法人が提供する【住宅購入後の安心をサポートする】保険。私たちが「ナーブの家」計画時にご案内しているのは

 

住宅保証機構(株) の 「まもりすまい保険」 です。

 

寿鉱業株式会社は、まもりすまい保険届出事業者で、もちろんこの保険にはいままで施工してきた個人宅全棟が加入しています。

この保険に加入していると、

➀ 住宅の基本構造部分に対する瑕疵(欠陥)があった場合に、対象となる瑕疵の補修等を10年間無料で行うことができます(補修費用は保険がサポート)

➁ また、瑕疵(欠陥)が見つかった時点で、万一弊社が倒産していたとしても、住宅を購入したお客様は、この保険法人(住宅保証機構)に直接保険金を請求することが可能です

 

なお、保険申請できるのは、一定の品質が確認された住宅のみとなるため、 工事中の現場には原則2回、弊社と関係のない第三者の検査員(建築士)が入り、実際の工事内容が正しいかどうかを入念に審査。
審査に通った住宅は、お客様にとっても安心・安全の裏付けが取れた住宅ということになります。

 

「ナーブの家」は住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」への加入手続きを必ず行っており、建物の安心を裏付けするチェック体制& 購入後のもしもに備える保険支払制度、両方のサポートがある、ということを、まずは知っていただけたら幸いです。

 

まもりすまい保険の詳細ページはこちら

 

一般のお客さまにとって住宅の不備の基準は分かりにくく、ネットに掲載されているトラブル事例を見るたびに何かと不安になってしまうお気持ちもよくわかります。

こわいな、こんな時はどうなるの?そんな疑問が湧いたら、いつでもご質問ください。「ナーブの家」にはまもりすまい保険+その他保証制度が標準で用意されています、私たちは住宅計画がより安心して進められるよう、お客さまの気持ちに寄り添ったサポートをさせていただきます。

お引渡間近

2020/02/20

完成お引渡間近のH様邸へ
撮影用の小物セッティングでおうかがいしました。

建設地は、皆さん一度は行ったことがある(と思います)蒲郡はラグーナの近く。

コロンとした外観に、

ビビッドレッドのキッチンが魅力的なおうちです。

お引渡用のとっても厚い資料も完成しあとはクリーニング等の仕上げを待つのみです。

着々と進む工事

2020/02/13

インスタグラム画像投稿中。

なぜか

「 アップロードできませんでした 」

の言葉と共に、矢印アイコンが回り続けること数十回。本当に困り果てました。

もっと写真投稿してみたい!と思うのですが、アプリの不具合には太刀打ちできません。

おうちの見所ポイントを分かりやすくお伝えしたいので、もっと勉強して頑張っていきたいと思います。

 

現在進んでいる蒲郡の現場は、今月中に完成お引渡予定。

1月に上棟された田原の住宅も、着々と工事が進んでいます。

 

 

屋根の形がみえてくるとイメージもどんどん膨らんできますね。
こちらもまたひと味違ったおうちができあがる予感です(詳細は乞うご期待)

どんなインテリアが似合うのかなと今からあれこれと想像が尽きません。

ご来場ありがとうございました!

2020/01/29

先日は、完成見学会にたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

心配されたお天気も思ったほど崩れることもなく、おかげさまで盛況のうちに終了することができました。

 

今回は、外観のスタイリッシュな感じとそれに相反した柔らかい雰囲気のお部屋が特に好評でした。

 

外観はシックなイメージ。


一転、お部屋の中は温かでやわらかい色使い。

お子様が危なくないよう、壁のコ-ナーや化粧柱はすべて角を取り丸くしています。

そして、畳コーナーには子供の隠れ基地。ブラックライトで天井がキラキラ光ります。

イベント中も子供たちに大好評でした。

 

 

そして2Fには、1Fのキッチンにいるお母さんからも目が届くお子さんのお絵かきスペース。

隣の壁には家族の写真がバシバシ貼れる、コルクボードも。

 

お子様への愛が溢れるおうちが完成しました。

完成間近のアパートへ。

2020/01/27

設計・監理をさせていただいている蒲郡のアパートが完成間近!ということで、先日現場検査へ行ってきました。

 

基本的には工事は完了しているので設計図との相違が無いか、必要な設備がキチンと設置してあるか等々を細かくチェックしました。

このアパートは全6戸ですが、間取りも2タイプあり、1Fと2Fでコーデネートも変えているお施主様こだわりの物件です。(内部の写真を撮り忘れてしまいましたが( ;∀;))

 

お引渡しまであと少し、完璧な状態でお引渡しに臨みたいと思います!

 

祝★上棟!

2020/01/23

先日、田原市のO様邸で上棟の日を迎えました。

次の日からは連日の雨予報の中、なんとか穏やかな良い天気の中で進めることができました。

お昼過ぎには、もうこれだけ進んでいます。

今回はお施主様にも棟上げに参加していただきました。

始めは高所に恐れをなしていましたが・・・良い思い出になったのではないかなぁと思います。

 

ちなみに現場は皆さんご存じ「権現の森」の近くで、結構目立つところにあります。

現場の前は、毎日たくさんのお散歩中らしき方々が行き来しています。

散歩途中に気にしていただいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

これからも安全第一で現場を進めて参ります。

O様、おめでとうございました!

見学会予約状況のお知らせ

2020/01/22

こんにちは。

今日は今週末、1月25日(土)・26(日) 田原市加治町にて開催する完成見学会についてご予約状況をお知らせします。

1月22日現在の状況ですが、OB様邸も見学できる26日の午前中を中心に、お問合せを沢山いただいております。
ゆっくり見学したいなという方は、以下の予約状況をご確認の上、ご予約・ご来場いただけると幸いです。

■ご予約状況

1月25日(土)

10:00~12:00 …… ○

12:00~17:00 …… ◎


 

1月26日(日)

10:00~12:00 …… △ 混雑予想

12:00~17:00 …… ○

 

イベント目前となり、これから田原豊橋方面で折込チラシも入る予定です。
ご予約は先着順で受け付けていますので、ぜひ、余裕のある今のうちにご都合のよいお時間でお申込みくださいね。

事前ご予約いただいた新規のお客様には、粗品+1,000円分QUOカードを進呈しております、
ぜひ下記ボタンからご予約・ご利用ください。

 

 

完成見学会に向けて、会場となる現場は大詰め◎

私はディスプレイ担当ですが、設営完了までどきどき、緊張の糸が張り詰めています。
細かなチェックを忘れないように素敵な見学会にしていきたいと思います。

いよいよ。

2019/12/21

田原市のS様邸で、現場の足場が外れ建物の全貌が見えてきました。

実は毎回この瞬間を楽しみにしています。

これまでは足場の中で出来上がっていく建物がよく見えなくてもどかしいのですが、この時は”いよいよお披露目!”という感じでワクワクします。

うーん、イメージ通り👍
シックな色使いに加え、建物全体が塗り壁仕上げなので素材感も含めてカッコイイです。

さて、このタイミングでS様と外構の打合せ。
出来上がった建物と外構のイメージを重ね合わせて・・・
図面を見ての打合せより、現地の方がイメージも沸いてきます。

ここから外構工事を経て、どう仕上がっていくのか・・・楽しみです!

お引渡し準備中

2019/12/10

田原市内のオフィスが近々竣工予定。
ということで、現在お引渡し書類を準備しています。

この作業のメインは、なんといっても取扱説明書のファイリング。

現場から持ち帰った箱いっぱいの取扱説明書を事務所で大まかにグループ分けするところからはじまり、全書類をチェック後、内容の一覧表を作成するところまでを一つの流れとして行います。

どんな形でお渡しすると、お施主様が使いやすいだろうか?と、試行錯誤をくりかえし、今では設備の設置箇所ごとにフォルダーを分け、収納量が多く安定感のあるパイプ式ファイルにすべてを綴じ込む形で落ち着いています。

今回は会社オフィスということで、個人宅のお引渡しに比べて取扱説明書の量は少なめです。反対に2世帯住宅仕様や、こだわりのオプション設備が多数あった際には、書類がファイルに入りきらないで、やむを得ずボックスに入れてお渡しすることもあります。場合によりますが本当に分厚く、重たくなるので、お客様もお引渡時にびっくりすることがあるかもしれません。

このほかに、地盤や防蟻の保証書類や、建築関係の申請書類をまとめたファイルもお作りし、鍵一式とともにお客様のお手元へお届けします。

転居後の生活に慣れるまで、取扱説明書類は手の届く範囲に置いておいていただけるとなにかと安心ですね。見る機会も住みはじめの頃が一番多いと思います。取扱説明書のなかには、設備の所有者登録書が入っている場合もありますので、お引越しなどの整理が落ち着いたあとに、再度見直していただけるとより間違いがないかと思います。

備えあれば憂いなしの取扱説明書類。新しいお住まいとともに、長く保管されるものになるので、丁寧に整えたうえで、お施主様へお引き渡ししたいなと常々思っています。

Go To Top