Blogスタッフブログ

E様邸 上棟式

2018/03/31

こんにちは!

3月13日に田原市のE様邸が上棟を迎えました。

当日は雲一つない晴天に恵まれ、無事作業を終えることができました。

今後も事故や怪我のないよう、気をつけていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

孫の誕生日

2018/03/23

○○ちゃん 1歳のお誕生日おめでとう!\(^o^)/

生まれた時 とっても小さかったのに すくすく育ったあなたを見て、とても嬉しいです。

1年の成長は早いです (^_-)-☆

これからどんどん行動範囲が広がって、お友達とも楽しく遊んでいくでしょう。

笑顔の可愛い○○ちゃん たくさんの出会いをして みんなに笑顔を見せてあげてね。

 

一升餅を風呂敷に包んで背負ったり、あと、上手に草履を履いて踏んだり・・・・

選び取りでは、 定規を選びました。 何をしていても可愛いです (・∀・) !!

 

I様邸地鎮祭

2018/03/13
  3月10日、豊橋市内にてI様邸の地鎮祭が執り行われました。
当日は先日までの雨も上がり、大変良いお天気に恵まれました。
このI 様邸は三世代が同居する住宅で、つい先日建て替えのための解体工事が完了したばかりです。
長年住まわれた愛着ある住まいが無くなってしまうことは寂しいことですが、それにも増して新居を待ち望む気持ちがいっぱいのことと思います。
新居に向けて気持ちを切り替え家づくりを楽しんでいただけるよう、私たちも精一杯がんばります。
I 様、改めましてこれからよろしくお願いします!

【雑学講座】梅の花の語源について☆彡

2018/03/07

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん!! こんにちは!!

暖かい季節になってきましたね(^ω^) でも急に寒くなったりで、皆さんも体調管理にはお気を付けくださいね(^ω^)

さてこの季節はなんと言ってもお花見です。私の趣味はカメラなのでこの季節にカメラを持ってお花見に行くのは大好きですねw

今回の雑学講座は梅の花について、皆さんにお話したいと思いますので、出来れば最後までお読み;くださいね・・・汗

芳しい香りを放つ可憐な梅の花は、いつ見ていても心が和みます。梅の原産地は中国の長江流域です。日本へは古来(8世紀半ば頃)に、渡来してきたといわれています。
この中国から渡来してきた梅の語源については3つの説があります。

ひとつは、ウメの加工品「烏梅(うめい)」、「薫べ梅」が訛って「ウメ」の語源になったといわれている説です。

烏梅、もしくは薫べ梅は、未熟な梅の果実を、薫製(くんせい)にしたもので、鎮痛・解毒作用があり、健胃整腸の妙薬です。昔から民間薬として重宝され、漢方薬として現在も用いられています。

烏梅の「烏」は、燻製にするとカラスのように黒くなることから付けられているようです。

二つ目は、ウメの漢音のmuiまたはmeiの転訛(てんか)したものといわれている説。そしてもうひとつは、朝鮮語のマイに由来したものという説です。

この3つの説がウメの語源とされています。

私も豊橋市の有名所ではありますが、カメラを持って向山霊園に行ってきます\(^o^)/

是非、皆様もお花見に行ってリフレッシュしてみては如何でしょうか(^ω^)

Go To Top