Blogスタッフブログ

家づくり豆知識 /上棟式の祝詞の意味

2021/02/13

上棟式の時に奏上される祝詞は、建物を無事棟上げできた喜びと感謝を『建物守護の神』と『技術の神』へ申し伝え、さらに工事完了までの安全無事を祈念するものです。

上棟式も正式には地鎮祭と同じように神社などから神主さんを呼んで執り行う神聖な神事ですが、現在では略式で行われることが一般的になっており、大工の棟梁が式の要となって祭礼が進行していきます。

▲弊社工事での祝詞奏上の様子

 

人生に一度と言われる新築棟上げの場面でのみ聞くことができる祝詞。
聞きなれない古い言葉が満載なので、理解が追いつかないことが多いかと思います。

私たちとしてもどういう意味だろう……と疑問に思う部分もあったので、これを機に現代語訳してみました。
どうしても意味が知りたいという探求好きな方!ぜひご参考にしていただければ嬉しいです。

これで家づくりのプロに一歩近づけるかもしれません。

以下長くなりますが祝詞です。

古語に精通している方で万一間違っているよというご指摘があればお問合せフォームからご連絡ください;

 

(原文)

掛(か)けまくも あやに畏(かしこ)き
手置帆負命(たおきほおいのみこと)
彦佐知命(ひこさしりのみこと)
屋船豊受比賣命(やふねとようけひめのみこと)の
大神等(おおかみたち)の御前(おんまえ)に 畏(かしこ)みも 白(もう)さく 白(もう)さく
先に 木工(こだくみ)※※が ※※の家を 造(つく)り始(はじ)むるに
加久多安(かくたやす)からぬことをば
我(わ)が 須女神(すめがみ)の御霊(みたま) 賜(たま)いて
突(つ)き立てたる柱、 取り挙(あ)げたる棟木(むなぎ)、
桁(けた)、梁(はり)の木組(きかい) とよみなることなく
打(うち)堅(かた)めたる釘(くぎ)の緩(ゆる)び、
取(とり)葺(ふけ)る束(つか)のそそぎなく
千代(ちよ) 常(とこ)とはに 創(つく)り終(お)へしめ給(たま)へるを 嬉(うれ)しび、
今日(きょう)の 生(い)く日(ひ)の 足(た)る日(ひ)に、
彌(いや) 喜(よろこ)びの主人(あるじ)と 御酒(みき) 御饌(みけ) 設(まけ)たらはして、
今(いま)も後(のち)も この家を安宮(やすみや)と
大神(おおかみ)等(たち)の護(まも)り給(たま)いて、
法則(のり)のまにまに 平(たいら)けく 安(やす)らけく
成(な)し終(お)へしめし給(たま)へと 畏(かしこ)み畏(かしこ)みも申(もう)す

——

(訳文)

心に思い、言い表すことも恐れ多いことではございますが
手置帆負命(たおきほおいのみこと)
彦佐知命(ひこさしりのみこと)
屋船豊受比賣命(やふねとようけひめのみこと)
大神さまたちの前に慎み畏敬の念をもってお祈り申し上げます
先ほど大工※※が施主※※の家をつくり始めるのにあたり
こうも容易でない上棟という仕事を
神さまがお心を掛けてくださって
突き建てた柱、取り挙げた棟木、桁や梁の木組みが音を立てて揺れ動くことなく
打ち込んだ釘が緩み、葺いた屋根材がざわざわと騒ぐことなく
千年も長く変わらないようにつくり終えさせてくださったことを嬉しく思い
物事が生き生きと栄え、満ち足りた今日のよき日に
喜びもひとしおの施主と、神々に召し上がっていただくお酒と食事を十分に用意し
今もこれからも、この家が安らかな建物であると大神さまたちがお守りくださって
神がお定めになった法のままに 穏やかに安らかに無事完成させてくださいますようにと
恐れ慎みながらもお祈り申し上げます

豊川市内の現場・上棟

2021/02/01

梅の花がほころび始めたこの頃、すっかり春めいてまいりましたね。

豊川市内の現場は先月無事棟上げの日を迎える事ができました。

とてもよいお天気で、大工さんたちもすがすがしく作業ができたのではないかなと思います。

建物のおおよその形も見えてきましたね。

 

作業終了後には弊社スタッフで祭壇を設け、上棟式も執り行わさせていただきました。

お施主様がご用意くださった供物、御神酒などを三方に載せてささげ、今後の工事の安全と、建物の無事の竣工を心からお祈りいたしました。

祝上棟!

2020/01/23

先日、田原市のO様邸で上棟の日を迎えました。

次の日からは連日の雨予報の中、なんとか穏やかな良い天気の中で進めることができました。

お昼過ぎには、もうこれだけ進んでいます。

今回はお施主様にも棟上げに参加していただきました。

始めは高所に恐れをなしていましたが・・・良い思い出になったのではないかなぁと思います。

 

ちなみに現場は皆さんご存じ「権現の森」の近くで、結構目立つところにあります。

現場の前は、毎日たくさんのお散歩中らしき方々が行き来しています。

散歩途中に気にしていただいた方もいらっしゃるかもしれませんね。

これからも安全第一で現場を進めて参ります。

O様、おめでとうございました!

祝上棟

2019/11/01

蒲郡で施工中のH様邸で、上棟の日を迎えました。

この日はたくさんの大工さんが現場に集まり、朝から飛び回っていて活気があります。
朝から雨もぱらついたりしましたが、そんなことはものともせず機敏な動きです!(^^)!

上棟の日はお施主様にも朝から顔を出していただくのですが、この一日が一番「工事が進んだなあ」と実感していただける日だと思っています。
朝はまだ基礎だけだったのに・・・夕方には、すでに建物の形ができあがっています。

このペースならなんかもうすぐ完成してしまうんじゃないか・・・なんて思えたりもするのですが、ここからまだまだ工事は続きます。
こつこつと丁寧に仕上げていきます。

ともあれ、まずはここまで無事安全に進めてこれたことに感謝です。

そして、これからも安全第一で進めて参ります!

H様、おめでとうございました。

お餅投げ

2019/03/12

先日、H様邸の上棟式の後お餅投げが行われました。

 

通りからは少し入った分かりづらい場所なのですが、ご親戚や近隣の方、ご友人などなどたくさんの方に集まって頂き、大変盛り上がりました。

お餅投げは昔はよく目にした光景でしたが、近頃では行われることも少なくなり、お子さんたちにはずいぶんと新鮮だったようです。

息子さんの希望で行われた今回のお餅投げですが、表情をみるとどうやらご家族全員の心に残る記念にもなったようです。

 

H様、おめでとうございました!

F様邸上棟

2018/12/17

 

先日、田原市にて建設中のF様邸が、無事上棟を迎えました。

朝早くF様のご挨拶で始まった1日はたくさんの大工さんが現場中を飛び回るとても活気のある現場で、あっという間(・・・に感じます)に建物が立ち上がっていきました。

始めはまだ基礎しかなかった現場が、F様が再びおみえになった午後にはすでに屋根の骨組みまでできあがっており「家が建つ」ということをよりいっそう実感していただけたようでした。

 

上棟式には遠方から駆けつけたお母様にもご参加いただき、1日の締めくくりとなりました。

 

これから現場は外装から内装へと続きます。

日々完成に近づいていくのが、ますます実感できると思います。

本当に楽しみですね!

 

 

祝上棟

2018/05/22

5/21、田原の駅前で施工中のI様邸が上棟を迎えました。

当日はお天気にも恵まれ、ほどよい暑さの中 I様の挨拶から1日がスタートしました。

今の時期が一番気候もよく、大工さんがいつも以上に元気に現場を飛び回っていた印象です。!(^^)!

 

このI様邸は、リビングに土間のあるワンちゃんと一緒に暮らす🏡で、内部の建具を製作したり、最新のキッチンを取り入れたりと、お施主様の思いがいっぱい詰まったこだわりの住宅となりそうです。

お施主様のご厚意で、8月には完成見学会も予定しています。

その際には、ぜひナーブの家をご覧ください!

 

 

 

 

 

I様邸 上棟式

2018/05/02

こんにちは!

4/28に豊橋市のI様邸が無事上棟を迎えました。

当日は晴天に恵まれ、怪我や事故なく無事に終えることができました。

I様邸は2世帯住宅で、8月末頃完成予定になります。

完成後に完成見学会も予定しております。

見学会につきましては、日程等決まり次第HPにて、告知をしていきたいと思いますので、お楽しみに♪

祝上棟

2018/04/11

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日、K様邸の上棟が行われました。

 

この週は天気が不安定で当日はお餅投げも予定していたので、大工さんには前日から乗り込みできる限り現場を進めてもらいました。

前日は午後から雨、当日も曇り空でしたが、なんとか無事上棟し、お餅投げも盛大に行なうことができました。

ほんとによかった!(^^)!

 

そして・・・ 全ての行事が終わった直後に雨がぱらつき始めてきたのをみると、きっとK様が楽しみにしていた気持ちが通じたんだなぁと思います。

 

今後とも、安全第一で現場を進めて参ります。

K様、おめでとうございました!

 

 

E様邸 上棟式

2018/03/31

こんにちは!

3月13日に田原市のE様邸が上棟を迎えました。

当日は雲一つない晴天に恵まれ、無事作業を終えることができました。

今後も事故や怪我のないよう、気をつけていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

資料請求&お問合せ
Go To Top