Gallery施工実績

「ナーブの家」モデルハウス

南側の隣地より80cm低く、西側には4mの高いよう壁。周囲より低い土地で、1階はどうしても光が入りにくい……。

そんな不利な条件を克服する手段として、2階リビングのプランは生まれました。

構造上、2階は支えるものが「屋根だけ」と軽いために大空間が可能。
そのメリットを活かし、リビングには幅3.6m×高さ2.2mの大きな窓を設置。奥行きのある、緑を配置したバルコニーと繋げることで「2階でありながら庭がある」感覚を味わえるよう計画しました。

ナラのフローリングと漆喰の壁が、心地よい自然と一体の空間を演出。
天井材には複数色をMIXした米杉で遊び心をプラスします。
ナラ・メープル・パインと部屋ごとに異なる無垢のフローリングを使用し、様々な木のぬくもりを楽しみながらも、全体は明るく素朴な感じで統一、至るところに設けた大きな窓が光を取り入れ開放感を感じさせます。

小さいながらも見どころ多い 『ナーブの家』です。

このモデルハウスの公開期間は終了しています

Data

  • 家族構成
    30代ご夫婦+お子様2人(想定)
  • 建 設 地
    田原市加治町宇沢38-1(加治分譲地:A9区画)
  • 構造・規模
    木造2階建 37坪(本体30坪 + バルコニー面積7坪)
リビング

リビング

大サイズの窓がリビングと奥行きあるバルコニーを繋げ、2階でありながらまるで庭があるかのような感覚を味わえます。

LDK

ナラのフローリング、タモで製作した家具。様々な色味をMIXして遊び心いっぱいの米杉の天井。階段に設けた大きな窓からの景色が日常をやさしく彩ります。

寝室

書斎と一体となった主寝室。ベッド側には開放感を持たせるための大きな窓。こちらは中庭に面するため外部からの視線は心配ありません。

子供室

子供たちが大きくなったら間仕切って個室にできるように計画した子供室。スタディデスクと本棚も造り付けで製作した為、家具配置で困ることはありません。アクセントのポップなカラーの壁紙と節目のあるパイン材を白く着色したフローリング、そしてランダムに配置したダウンライトが子供たちのわくわく感を呼び起こします。

階段

建物の真ん中にある位置する階段はオープン型で製作し、更に正面に大きな窓を設けることで、空間が暗くならないように配慮しています。

外観

変形な土地に合わせて「建物の形」を計画。部屋として使いづらい三角の部分は中庭として利用し、プライベート空間である寝室からも緑が楽しめるよう工夫しています。形はシャープでありながら、外壁に塗り壁と杉板を使用し素材で柔らかさを演出。中庭やベランダに配置した緑が映えます。

2階バルコニー

写真を見るだけでは2階だと気づかれません。自分だけのお庭みたいな広くてびっくりのバルコニー。

カウンター

キッチン横のワークスペース。大きな窓を設けているのでいつでも爽やかな気分があじわえます。

Go To Top