Gallery施工実績

[リビングに土間のあるヴィンテージハウス] 田原町:I様邸

横葺きの外壁のブルーに、杉板がぴったりマッチした外観。クールでありながらも温かみあふれるヴィンテージスタイルの住宅です。

LDKには深みのある色柄が存在感抜群のアカシアの無垢材を張り込み、壁はすっきりとホワイトで統一。かっこいい空間を意識して、ブラックの部材を随所に取り入れています。

太陽の差し込む窓際に配置したのは、大好きな愛犬とふれあえる土間スペース。内と外の中間に位置するこの場所は、開放的でありながらも家族の存在がしっかり感じられるため、寂しがりやの愛犬にはぴったりの特等席です。

意匠性の高いキッチンからアメリカ式のスイッチプレートまで、お施主様の積極的なご意見で実現したこだわりの住宅。シンプルさとハードさが程よくミックスされたI様ご夫婦のセンスがあらゆる箇所で感じられます。

Data

  • 家族構成
    ご夫婦+お子様2人(想定)
  • 建 設 地
    田原市田原町
  • 構造・規模
    木造2階建 

LDK

リビング床はお施主様お気に入りのアカシアの無垢材。黒褐色の濃淡が独特のニュアンスを醸し出します。階段やサッシといった金属部分のカラーにはブラックを使用し空間の印象を引き締めました。

外観

屋根に使われることの多い一文字葺き(横葺き)を外壁に取り入れました。板金の生み出すかすかな陰影がシャープな中にもやさしい雰囲気を感じさせます。

階段

アイアンのオープン階段は、無駄のないスマートなデザインをチョイス。階段そのものがひとつのオブジェのようです。

リビング土間

愛犬と心地よく暮らすために設けたリビング土間。この部分は、視覚的な広がりをプラスするためにウッドデッキと一体となるよう設計しています。壁際にはペット用品のストックに便利な土間収納もプラス。

書斎B

書斎A

寝室

すっきりとした白の中に、風合いのあるウォールパネルをさりげなく添えた主寝室。個性と落ち着きが共存する、穏やかな風景を創り出しています。

洋室

キッチン

天板、取手、フード、すべてをブラックで統一し、モダンな印象にしたキッチン廻り。

ウッドデッキ

大きな開口部を持つ建物正面。軒裏と外壁一部に使われた杉板が建物外観をさらに上質なおもむきにしています。植栽にはリラックスムードを演出するヤシやソテツなどの南国植物を厳選して取り入れました。

畳コーナー

主張し過ぎないやさしい色味の畳コーナー。下部には使いやすい引き出し収納を備えています。

玄関・土間

愛犬の出入りの際に便利に使えるよう、リビング土間は玄関直通。来客時の視線や愛犬の飛び出しが気になる場合も考慮して、引戸での開閉が可能な作りになっています。

キッチン

ブラックカラーのモダンなキッチン。視線は自然と淡い光に包まれたリビングへと向けられます。和室コーナーのお子さんや、土間や庭で遊ぶ愛犬の姿など、家族の様子をいつでも無理なく見守ることができます。

玄関

玄関廻りの外壁には表情豊かな塗り壁を採用しました。温かみのある濃色のなかに、レトロモダンな扉がシンボリックに浮かび上がります。

Go To Top